よく「内転筋を痛めた」という話を耳にしますが、この症状は特にプロスポーツ選手やアスリートに多いようです。主な原因としてはオーバーワークや予期しない不意の動きが関節に加わった際に起こるようです。またインナーマッスルとアウターマッスルのバランスが取れていないと、運動時のフォームも悪くなるために、痛みを訴える原因にもなります。スポーツの中でもサッカーやラグビー、マラソンやバレエをやっている選手に多くの発症が見られるようです。また、野球のピッチャーは投球する際に大きく足を開いて踏ん張ることから内転筋を痛める選手が多いと聞きますが、対処法としては負担を取り除く意味でも無理は禁物で、休むことが大前提です。さらに今までの各動作の動きを考えてフォームを改善することも重要で、普段から運動の前後には入念なストレッチを取り入れることが大切です。重要なことは少しでも痛みを感じたり、違和感があったら休養することでしょう。

内転筋の症状やその痛みの改善ポイント

無理な運動などを行った日や、歩きすぎた日などは足全体の筋肉の疲労を感じるでしょう。普段あまり使用しない筋肉を使用したため、痛みを伴うほどの疲労感を感じるはずです。このほとんどの症状は内転筋から起こるもので、硬くなり柔軟性が失われてしまうことで疲労感を感じるようになってしまいます。筋肉疲労が足全体に広がってしまうことで、疲労感は上半身にも広がっていき酷くなると体全体の血行が極端に悪くなり代謝が悪くなっていき、酷くなると脂肪が付きやすい体質になってしまうこともあります。内転筋に症状が表れた場合は早目に対処することが重要で、早い段階であれば酷く症状に悩まされることもないでしょう。ポイントとしては、疲労感を感じた筋肉を早目にマッサージを行うことです。血行をよくし、筋肉の疲労を改善してあげることで、回復は早くなります。

内転筋の痛みは筋肉の端で起こりやすい

スポーツをするとき、準備運動をする方が良いとされます。日常的にスポーツをしている人、プロスポーツ選手となると当たり前のようにするでしょうが、一般の人だとあまりしないこともあります。その時にけがをしてしまうことがあります。内転筋に痛みが走ることがあります。場所としては、筋肉の端の方です。この筋肉は、太ももの内側についています。座骨のあたりから膝にかけてついている筋肉で、出やすいのはお尻の部分やひざの部分です。太もものあたりに出ることはあまりないとされます。原因としては、自分の力以上の力を出そうとしたとき、疲れているにもかかわらず無理に行うときなどがあります。トレーニングを行うとき、無理に回数を稼ごうとするときがあります。その時に起こりやすくなります。疲労度と相談しながら、適切に筋肉を使わなければいけません。